Sponsored Link

インド 写真館 動物編

インドには、その辺に色んな動物がいます。
ちょっとした天然動物園!?

たとえば、牛とヤギ。
この左端の方にいるの、黒ヤギです。
メェ~、と鳴いていました。

黒ヤギ

インドでは、牛は神聖なものとして崇められています。
なぜなら、ヒンズー教の神・シバ神の乗り物であり、
神の使いとされているから。

牛が我が物顔で街中を威風堂々と歩いている様は
なかなか面白い光景です。

当然、ヒンズー教徒は牛肉はいっさい食べません。

ガイドBさんもヒンズー教徒なのに、必要とあれば牛も食べる、
うまい、と言っていました。
なんという不良ヒンズー教徒・・・。

こちらは、『アンベール城』に行くまでに乗った象さん。

綺麗にお化粧されていて可愛いでしょう?

タイやカンボジアでも象に乗りましたが、
お化粧している象は初めて見ました。
So Lovely♪

象さん

さてこちらは、
アクバル帝の霊廟・『スィカンドラー』に放し飼いにされていた、シカさん。
のびのびしていますね~。

シカさん

さて、このように、犬が至る所で寝ています。
狂犬病での死者が多い国なだけに、
ちょっと、いや、けっこう怖いです。

よだれをダラダラ垂らしてフラフラしているような犬がいたら
速やかに(こっそりと)逃げましょう。

いきなり走りだすと相手(犬)もビックリするのか、
追いかけられます。(←経験済み)

インドの犬

ラクダが荷物を運んでいます。
ハイウェイのドライブインで、ひたすら待機してどうにかパチリ!

ラクダ

この他、リスや猿などもその辺にいました。

猫がどこにも見当たらなかったのはなぜかしら?
インドには(他の東南アジア諸国でもそうですが)
交通マナーなんかあってないようなものですから、
も、もしや・・・(以下略)
淘汰されているのかと、いや~な想像を働かせてしまいました(-公-;)

インド写真館 人間編

ニューデリー駅のホームに寝ていたホームレスたち。
日本の冬ほど冷え込まないので楽でしょうが、
駅のホームで堂々と寝ていられるのがすごいです。

ホームの一部がこのようなホームレスの集団の住処となっている模様。
電車のホームがホームれす。(・・・。)

ニューデリー駅のホームレス

ムスリムの女性と、カラフルな服を着た子供の2ショット。
綺麗なサリーを身にまとったヒンズー教の女性たちもいれば、
このように地味なムスリムの女性もいます。
もちろん洋服を着た女性も。
ファッションもさまざまです。

ムスリムの女性と、カラフルな服を着た子供の2ショット

ドライブインのトイレの個室に入って出たら、
いつの間にか洗面所の前にいた可愛い女の子。

石鹸の粉を振りかけてペーパータオルを渡してくれました。

可愛いので、パチリ。
おしゃまな女の子で、
撮影する時に髪の毛を直したりして小さいのに妙な色気がありました。

物欲しそう~な顔をするので、チップあげたい!!と、
財布を開けたら大きいお金しかない(;∀;)
ここで待ってて!(←英語)と言い伝え、
あわてて売店に行きガムを買ってお金をくずして戻ったら、もういませんでした。
チップ目当てではなかったのか・・・?
なんだか幻のような不思議な少女でした。

不思議な少女

こちらは、ジャイプール市街地にいた、蛇つかい。
笛の音色に合わせてヘビ(コブラ?)がニョロニョロ、くねくねと。
リアルで見たのは初めてでした。気持ち悪かったです。

ちなみに、デリーなどの大きな都市では、
このようなパフォーマンスは禁じられているそうですよ。

蛇つかい

ドライブインでラクダを待っているときに、
じーーーっと微動だにせず大木の上に佇んでいたおじいさんの後ろ姿。

おじいさん

何を思っていたのかな?

インド 写真館 建造物編

インドの初代首相、ジャワハルラール・ネルーの銅像。
彼はマハトマ・ガンディーと共にインド独立を導いた偉大なる指導者。

尚、戦後、日本に一匹しか象がいなくなった際、
彼は1頭のゾウを上野動物園に寄贈する事を申し出たとか。

このゾウには『インディラ』(ネルーの娘、8代首相インディラ・ガンディーの名)と名付けられ、
上野動物園のシンボルとなっていたそうですよ。

今でこそ、動物園に象がいるのは当たり前の光景ですが、
こうした他国からの寄与によるものが大きいのですね。

ジャワハルラール・ネルーの銅像

デリーにある、インド門。
第一次世界大戦で戦死した兵士(およそ8万5千人)を
追悼するために造られた慰霊碑で、
高さ42mのアーチには、第一次大戦で戦死したインド人兵士の名が刻まれているとのこと。

インド人がたくさん写真を撮っていましたが、インド人にとっても観光名所のひとつなのかな。

インド門

『シティ・パレス』にあった象の彫像。
象は、はるか昔からインド人にとっては乗り物として役立っていたようですよ。
同じように、タイ他の東南アジア諸国でも同様に、昔、象は貴重な乗り物だったとか。

象の彫像

同じ『シティ・パレス』にあった大砲。

大砲

実際に、昔、使われていたものだとか。
大砲、と呼ぶにはちょっと小さい気がするけど・・・。

インド おもしろ写真館

混線しまくっている電柱。
いかにインフラがまだまだ整備されていないか、お分かり頂けるでしょうか。

よくこれで停電しなかったものだなぁ、と不思議。

聞けば、たまたま運がよかっただけで、けっこう停電はよくある話とのこと。
なるほど納得!

混線しまくっている電柱

ピンクシティ・ジャイプールで見かけた可愛い壁画。
蓮の花らしいです。
実は、蓮の花は「インドの国の花」なんですよ♪
可愛いですね!

可愛い壁画

ハイウェイでラクダ通過待ちをしていたとき、ふと見かけた、なんだかよくわからない像。
なんでしょう。
カップルみたいですが・・・いちおう何かの神様なのかしら?
思いっきりMAXまで望遠して撮りました。

なんだかよくわからない像

このように、フルーツ売り場が随所にありました。
この中にBさんがいますが、分かりますでしょうか?
暑いのに紺のスーツを着込んでいるのが彼ですw

フルーツ売り場

お祈りを捧げるときや、店舗の入り口を飾ったりするのに便利なお花が売っています。
花輪になっているものや色々。

便利なお花

ちなみに、おめでたい時に使われるのはマリーゴールドのお花が多いとか。