シティ・パレス

お次は、マハラジャ サワイ・ジャイ・シン2世が建設し、
現在もマハラジャが住んでいるといる『シティ・パレス』。

7つの建物があり、
現在マハラジャの居住している所以外は
解放されており自由に見て回ることができます。

 

シティ・パレス

 

博物館の一部として使われている建物が、
ムバーラク・マハル。

 

歴代のマハラジャたちが
身にまとっていた衣類などが飾ってあり、
面白かったです。

 

地味めだけどセンスのいい王もいれば、

いかにも成金っぽい
コテコテの暑苦しい王もいた、

 

ということが分かりました。

 

テキスタイルの他に、

 

楽器や雑貨なども展示してあり、

なかなか見どころがありましたよ♪

 

ディーワーネ・カース
と呼ばれる貴賓謁見の間には、

ギネスブックに登録されている
世界一大きい銀製品である
水壺が展示されています。

インド 世界一大きい銀製品である 水壺

この壷は
マハラジャ・サワイ・マド・スィン2世が

イギリスへガンジス川の水を
運ぶために作らせたものだとか。

 

いったい幾らくらいするんだろう、この壺・・・

 

いかにマハラジャが
常識では考えられないほどお金持ちだったか、

とあらためて思い知りました。

 

 

シティ・パレスの見どころは、

 

建物の細部までこだわった、
繊細な装飾。

 

こちらは、「月の間」入口。

 

月の間 シティパレス

クジャクの彫刻がダイナミック!

 

ヒンズー色が強いパレスなので、このような神様の彫刻も。

 

シティパレス 神様の彫刻

 

建物内は、精巧なペイントが施されていて

シティパレス シャンデリア

豪奢なシャンデリアもあります。



コメントは受け付けていません。