世界遺産 アーグラー城塞

1957年にムガル帝国第3皇帝・アクバルが建立した城塞、
『アーグラー城』

こちらも

世界遺産に認定されています。

アーグラー城

 

尚、第4皇帝・ジャハーンギール、

第5皇帝・シャージャハーン
(タージ・マハルを建てた皇帝)

 

の代までの
居城となっていたそうです。

 

しかし、シャージャハーンに関しては、
悲しい逸話が。

 

晩年、
兄妹で皇位争いをしていた彼の息子たちに、

 

このアーグラー城にある

「ムサンマン・ブルジュ」(囚われの塔)に

幽閉されてしまったのです。

 

遠くに
愛妃ムムターズ・マハルの眠る
タージマハルを
眺めることだけを楽しみに、

シャージャハーンは
ここで息絶えたとか。

 

この時代の皇位継承争いは
悲しい歴史がたくさんあります。

 

尚、先述の
「サンマン・ブルジュ」は
現在軍の施設となっているので、

残念ながら、
見学することはできません。

 

なんと、アーグラー城の75%は
軍用施設となっているんですよ~、

なので
一般公開されている部分はごくわずか。

 

それでも、
やはり世界遺産、
城壁は見事ですから、

行く価値は十分にあると思います♪

赤砂岩で造られた頑丈そうな城壁

赤砂岩で造られた頑丈そうな城壁。

イスラム建築らしい建築様式

いかにも
イスラム建築らしい建築様式も。

 

見どころは、
大理石や宝石など大好きな、

別な言い方をすれば
成金主義のシャージャハーンが作った、
「ディーワーネ・アーム」。

 

ムガル帝国の皇帝は建築物に
その人の個性が
はっきり表れるのが
面白いところですね。



コメントは受け付けていません。