チップはどんな時に必要?

Sponsored Link

インドはチップの必要な国です。
以前はチップは不要の国だったらしいですが、
観光業が盛んになったこともあり、サービスあるところにチップあり、といった具合。

チップの目安ですが、
ホテルのポーターさんに荷物を運んでもらった場合は、だいたい10Rs程度。

ルームサービスを頼んだ時も10Rs程度。

もちろん枕元にもお忘れなく。こちらも10Rs程度。

基本は、10Rs(20円)と覚えておけば分かりやすいですね。
(2009年の情報です。)
チップはどんな時に必要?

尚、中級以上のレストランでは、サービス料が会計に含まれますが、
含まれていない場合は、飲食代の1割程度を上乗せして支払うのが常識のようです。

もちろん、支払わないからといって文句は言われないでしょうが、
しきたりとして、最低限のことはやっておきたいものですよね。

さて、わたしは、『タージマハル』で貴重な体験をしました。

カメラで撮影していたら、若いインド人青年に、ああそれじゃダメだね、
ということを英語で話しかけられ、アングルをあれこれと指南されたんです。

タージマハルが水に映って綺麗に映るよと。

まあなんて親切な青年かしら、と思ったら、
すかさず手を出して「チップ」ですって!

細かいのが1Rsしかなくて、これっぽっちでいいのかとビビりながら渡したら、
オーサンキュー!と爽やかに言いそそくさと違うカモの方に流れて行きました。

こんな感じで、トイレの洗面所で紙ナプキンを渡してくれて、
それだけで「チップ」を要求される、などなど、
チップをねだられることはしょっちゅうです。

しつこくねだられると、不愉快に感じる方もいるでしょう。

しかし、なにせ貧しい国(正確に言えば貧富の差の大きい国)ですから、
こういうものだ、と割り切ることが肝要ではないでしょうか。

Sponsored Link