観光施設へのビデオカメラの持ち込みは可能?

Sponsored Link

ビデオカメラ持ち込み料は、どの観光施設も、ここぞとばかりにけっこう高いです。
ちなみに、高い、というのは、インドの物価にしては高い、
という意味で、日本の物価に照らし合わせると、安い、です。

物価の安い国に行ったら、現地での物価を物差しにするようにしましょう。

さて、せっかくの貴重なインド旅、記念に映像として残したい方もいることでしょう。

わたしもそのうちの一人。

ひたすらドキュメンタリーのカメラマンよろしくビデオカメラ回しまくりました。

ビデオカメラ持ち込み料は、
今回の見積りには入れていなかったので、その場でその都度払いました。

ご参考までに、今回行った名所のそれぞれのビデオ持ち込み料を記載しておきます。
(2009年の価格となります)

○タージマハル 25Rs

○アグラ城 25Rs

○スィカンドラー 25Rs

○アンベール城 無し

○風の宮殿 無し

○シティパレス200Rs!!(さすがはマハラジャ、あざとい)

○クトゥブミナール 25Rs

トータルで、日本円:およそ600円をビデオカメラ持ち込み料に使ったことになります。

尚、『タージマハル』では、ビデオカメラは遠くからしか撮影できません。

カメラはタージマハル(霊廟)内に持ち込むことができますが、ビデオカメラはNG!

わたしは、ビデオカメラとカメラが一体化したものを持っていたので、
悲しいことに、Bさんに没収され、タージマハル内を撮影することができませんでした。

ビデオを回していると誤解される、ペナルティをとられる、
とBさんが言うので、渋々渡しましたが・・・実に心残りです。

観光施設へのビデオカメラの持ち込みは可能?

みなさんも、ぜひぜひ、ご注意くださいね。

Sponsored Link