さようなら、インド

Sponsored Link

『クトゥブ・ミナール』を出たのはすでに夕方、そのまま空港へ直行。
ガイドのBさんとも、ここでお別れです。

いい加減な所もあったけど、
面白くて愉快な一面やお父さんっぽい頼り甲斐もあったりで、
いざお別れとなると寂しいものですね。

今でも思い出します、最後に交わした握手。
不浄の手である左手ではなくて、右手で。

それにしても、インド人で左利きの人ってどうしているのでしょう?
小さい頃に矯正されるのかな・・・?

さて話は戻り、空港内。
チェックインカウンター、激混み!!

さようなら、インド

出国審査のとき、怖ろしい形相の中年男性が出国審査官として座っていて、
あちゃーこの列に並ばなきゃよかった、と思ったんですがもうあとの祭り。

他の列も大行列ですから。

少し前に並んでいた人が厳しい顔で何か尋問されていたので
やたらと時間がかかり、
ますますいや~な予感。

がしかし、なぜか、わたしの番が来たら、突然ニッコリ。(´^ω^`)

なぜ!?なぜなの!?!?

包み込むようなアルカイックスマイル・・いったいなんだったんだ、あれは・・・。

スッピンマスクのニット帽メガネがおかしかったのかな・・・?

さて、出国審査を無事済ませ、お土産を買うことに。
街中で買うより割高なのは百も承知でしたが、
とにかく駆け足の旅だったため、お土産を買う時間もろくになくて。

どうにか買えて、一安心!

軽食やスナックが食べられるお店があるので、
旅の余韻にひたりながらそういったところでお茶するのも一興ではないでしょうか♪

さようなら、インド。
また会いましょうね。

Sponsored Link