ガンディー・スミリティ

Sponsored Link

体調はますます悪化していましたが、
次は『ガンディー・スミリティ』へ!!
もう半ば意地になってましたね、わたしw

ガンディー・スミリティ

ここは、ガンディーが晩年住んでいたビルラー邸を記念館として開放しており、
こちらの記念館も相当に見応えがありました。

あ、ちなみに、『ラージガート』もこちらも、見学は無料。

あれだけ立派な記念館なのに無料だなんて、
ガンディーの意思が死後も受け継がれているようで、
感慨深いものがあります。

暗殺された日にガンディーの歩いた軌跡が、
このように足型として残されています。

この脇、訪問者が並行して歩けるよう歩道があり、
そこを辿っていきます。

言うまでもなく、素足で。
神聖な場所は、絶対に土足禁止なので、
覚えておいてくださいね。

ガンディー・スミリティ2

こちらが、ガンディーが倒れた場所。
しばらく黙祷を捧げました。
否が応でもそうしたくなる、そんな雰囲気があるのです。

ガンディー・スミリティ3

記念館に飾ってあった、撃たれた時のガンディーの様子の模型。
模型ですが、見ていて悲しくなりました。

ガンディー・スミリティ4

こちらは、荼毘に付される前のガンディーの写真。
すごく安らかなお顔ですよね、
人生の徳が顕れるものなのかもしれない、なんて神妙なことを思ったものです。

ガンディー・スミリティ5

今のインドがあるのはガンディーがいたから、と言っても過言ではありません。
インドを知るにはガンディーを知れ、それがわたしの訓示です!

Sponsored Link