風の宮殿

Sponsored Link

お次は、ジャイプールの顔、と言っても過言ではない、『風の宮殿』へ。

ハワー・マハル

正式名称は、「ハワー・マハル」。
ハワーはヒンディー語で“風”を意味します。

それに宮殿“マハル”がくっついて、
このような呼び名になったようですよ。

建てたのは、ラージプートの王サワーイー・プラタープ・スィン。

なんと、953の小窓が通りに面してあるんですって!

これは、暑いときでも風通しをよくするために施された工夫だとか。
よく考えたものですよねぇ・・・感心。

宮殿に住む女性たちが楽しめるように、
このような洒落た装飾も☆

1799年に建てられたようですが、
きっとスィン王がセンスがよかったのでしょうね~。

ステンドグラスの窓がなんとも愛らしいです。

ハワー・マハル2

Bさん、疲れるから一番上まで行くのは嫌だ、と渋るので、
わたし一人で最上階まで上がりました。

それにしてもですねー、Bさん、
変な咳してるしいつもプカプカとタバコをふかしているしすぐにガイドをサボるしで、

もうちょっと何とかならないものでしょうか。

悪い人じゃないんですけどね、
ガイドとしての資質に関して言えば不満が多かったことは否定できません。

さて、と。
愚痴はさておき。
宮殿内は、イヤってほど急で狭い階段が延々続きますが、行ってみて正解!

街一望の素敵な風景を拝めることができました♪

ハワー・マハル3

以前からインドの街並が出てくる映画や本などで、
このピンク色の宮殿を見るたび、いつか見てみたい!!
とずっと思ってきたので、
見ることができて感激でした。

Sponsored Link