ピンクシティと呼ばれる街

Sponsored Link

7時半にホテルを出発して、ジャイプール観光へ。
ここで、ジャイプールという都市について簡単に説明しておきたいと思います。

ジャイプールの主な観光名所は、
よくパンフレットやガイドブック、テレビなどにも登場する
「風の宮殿」、「アンベール城」、「ジャンタル・マンタル」、「シティ・パレス」などなど。

プランを練っている時、時間的にすべては回りきれないだろうと踏んで、
あまり興味の湧かなかった「ジャンタル・マンタル」は行かないことに。

ツアーのプランのほとんどに、ここは入っていましたけどね~。

一人旅のよいところは、行きたくないところには行かなくていい、
というところにもありますね☆

尚、ジャンタル・マンタル、天文学者でもあったムガール帝国の
マハラジャが建設した天文台。

ガイドブックを見る限り、ちょっとしたアウトドアの近代美術館みたい。
興味と時間のある方はぜひどうぞ!

話は戻り、ジャイプールは、「ピンクシティ」と呼ばれている可愛らしい都市。

車窓から見える色は、ピンク・ピンク・ピンク。

ピンク好きなわたしにとってはたまりませんでした♪

街並みの一部。
ビデオからのキャプチャで、しかも車走行中に撮ったものですから、
あまり画質よくありませんがご容赦くださいませ。

ピンクシティと呼ばれる街

ピンクシティと呼ばれる街
なぜ「ピンクシティ」となったか?

1876年に英国 ヴィクトリア女王の息子、アルバート王来訪の際、
歓待の意味を表すピンク色に街中の建物を塗ったことがきっかけとなり、

その後も、街並みをピンクに塗装されるのが伝統となって、
「ピンクシティ」の景観が作られていったそうですよ☆

Sponsored Link