ルームサービスで夕食

Sponsored Link

さて、umaid mahalホテルでのルームサービスをご紹介。

ルームサービスで夕食

マトン・ビリヤーニ(マトンのピラフ)とポテト料理。
鉄製の容器で熱々で運ばれてきます。

な、なんだこれは!

インドに着いてから一番まともな料理ではないか!!
マトン・ビリヤーニは、骨付きの柔らかいマトンがたっぷり入っていて、
すごく辛いんだけど美味しい。

そしててんこ盛りのポテト料理もめちゃくちゃ辛いんだけど
癖がなくてホクホクで美味しい。

なにせ、お昼は、Bさんゴリ押しの高くて不味いお店でほとんど残してしまい、
腹ペコだったんですよね。

だから、美味しさひとしお!
感無量!!

な~んとこれだけの量を、一人でほとんど平らげてしまいました。

合計日本円で500円くらい。

インドの物価で考えればもちろん高いのですが、
日本の感覚だと、安い、ですよね!?

今までも、東南アジア一人旅では、
夜あきらかに出るのはやばいでしょう、という地では
ルームサービスを頼むことがありましたが、
意外とはずれが少ないんです。

あくまでわたしの場合なのですが、無難?

ローカルのお店より高いのはもちろんですが、
やはりホテルの信頼に関わることでもあるので、
ヘタなものは出せないのでしょう。

一人旅初心者は、一人でご飯食べるのは寂しい、
と感じる人も多いと聞きますが、
ルームサービスなら、一人でも寂しくない!周りを気にする必要もない!!



ウメイド・マハル・ホテル

ビギナーにお薦めです。

Sponsored Link