アクバル帝の霊廟・スィカンドラ

Sponsored Link

ツアーでアーグラー観光にたいてい組み込まれているのが、
第三代皇帝アクバルが建設した世界遺産『ファテープル・スィークリー』。

しかし、今回の日程でこの場所を観光するにはあまりに時間がタイトだし、
アクバル帝の霊廟に興味があったため、あえて『スィカンドラー』へ。

こちらが、スィカンドラー。
アクバル帝の息子、ジャハーンギルが建てたお墓ですよ。

アクバル帝の霊廟・スィカンドラ

敷地内には鹿や猿などの動物がいて、長閑な雰囲気です。
『ファテープル・スィークリー』に比べるとやはりマイナーなのか、
観光客もそれほど多くなく、のんびりできました。

もっと時間があれば、公園のベンチでボォーっと過ごしたかったな・・・。

内部はこんな感じ。

アクバル帝の霊廟・スィカンドラ
アクバル帝の霊廟・スィカンドラ3

毎度Bさんあまりやる気なく、
入口で待っているというので、
一人でビデオを回しながら潜入ルポ風に薄暗い通路を進んでいくと、
「ラァァァァァ~~~」と甲高い男性の声が。
一体何の儀式!?

アクバル帝の霊廟・スィカンドラ4

こちらが、アクバル帝が眠る棺。わたしが来るや否や、
真っ白いトーブを身に付けたイスラム教徒と思しき男性
「ラァァァァァ~~~」と言いながら
ピンク色のお花を手の平にのせてくれました。

献花か、と思い、お花を棺に捧げて
正しいのかわからないけど日本式に手を合わせたら、「チップ」、と。

日本で言うお賽銭?

細かいのが無いので100ルピー(日本円で200円)という
現地でいう大金を捧げてきましたが、
あとでBさんに聞けば、それはあげなくてよかったんです、だって!


先に言ってよ~(怒`θ´)-3

Sponsored Link