液体物の機内持ち込み要注意!

Sponsored Link

昨今の事件を受け、
国際線への液体物を手荷物として航空機内に持ち込む際の制限
厳しくなっていますので、注意してください。
概略は以下のとおりです。

条件1.あらゆる液体物は、100ml 以下の容器に入れる。
(100ml を超える容器に100ml 以下の液体物が入っている場合でも不可)

条件2.それらの容器を再封可能な容量 1L以下の透明プラスチック製袋に入れる。
( 旅客一人当たりの袋の数は一つのみ。)

条件3.医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、
適用除外だが機内での必要性について照合されることがある。

(手荷物検査の際にしておいたほうが無難)

容器は、ジップロックのような透明の袋を利用します。
空港でも売っていますが、
事前に区分けして手荷物にまとめておくとよいでしょう。
尚、縦横合計40cm以内が目安です。

私が今回持参した液体物。

液体物の機内持ち込み要注意!

・ナザール(鼻炎スプレー)
・目薬
・ハンドクリーム
・乳液状の保水・保湿クリーム

これらは無事パスできました。
手荷物検査は、年々厳しくなっているように感じます。

最後に海外に行ったのは2007年6月のバリ行き(こちらは夫同伴)でしたが、
たった3年弱でずいぶん態勢が強化されたなぁ、といった印象を受けました。

そういえば、これは帰国後の話になりますが、
成田では、機内預け入れの荷物がぐるぐる回るコンベア(バゲージクレーム)付近に
犬が何匹かいてクンカクンカしていましたよ♪

かわいいラブラドールで、長いフライト疲れが癒されました。

Sponsored Link