インドを知る

Sponsored Link

旅を楽しむためには、
行き先の国・地域について深く知っておく必要があります。
特に世界遺産などは、歴史を学んでおくと、より深い見方をできるでしょう。

せっかくの遺産を見るのに、
何の知識もなくただぼんやり眺めるのではもったいない。

せっかくお金をかけて行くのですから、
少しでも楽しみたいですよね。

私は、ネットで旅行記を読んだり
Wikipediaなどで調べたり本を読んだりして、

広大なインドの5%くらいは知ることができたと思います。

少なくとも、自分の尋ねるデリー・アグラ・ジャイプールについては
8割方理解できたのではないかと自負しています。

特に、本から得た知識が寄与していますね。

デリー・アグラー・ジャイプールは、
イスラム王朝の名残が深い地域ですので、
余力があるなら、イスラム王朝についての歴史を学んでおくと役立つでしょう。

お奨めはベルニエ著ムガル帝国誌〈1〉 (岩波文庫)

下巻だけ読むだけでも十分ですので、
心に留めておいてください。

旅行記関係の本も、
旅をした人の生の声が聞けるので(正確に言うと読めるので)
ぜひ何冊か目を通しておいていただきたいです。

中でも、妹尾 河童 著河童が覗いたインド (新潮文庫)

たかの てるこ 著ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)

あたりは読みやすいので、
読書嫌いな方でも安心して読めると思いますよ☆

book2.jpg
book3.jpg

私はその他、ガンディー関係の本も何冊か読みました。
プランにガンディーを深く知るためのルートを盛り込んでいますので、
彼についても知る必要があったのです。

Sponsored Link